ダメージから改善

くせ毛は生まれつきの髪質が原因と言われていますが、他にもカラーリングや紫外線が影響して髪のコンディションが整っていないことも一因といわれています。くせ毛シャンプーを選ぶ際にはダメージ改善も考えた成分配合をしている製品なのかもチェックしておきたいところです。また、ヘアアイロンを利用する際にも、注意をしましょう。髪にダメージを与えにくいヘアアイロンを選択したり、ヘアアイロンを通す際に洗い流さないトリートメントを使用するなど毛髪を傷めないような工夫をする必要があります。

シャンプーとトリートメント違いとは?

シャンプーで汚れを落とす

髪質を良い状態に保つためには頭皮の汚れをしっかり落とすことから始まります。また、頭皮をマッサージしながらケアをしていくことで、血行促進効果が生まれ、発毛力を高めることができます。また、泡立ちやすいようにシャンプー前にブラッシングしておくと洗浄力を高めることができます。

トリートメントで集中的に補修

抱えている髪の悩みによって適したトリートメント製品は変わってきます。ケアにおいて特に注目しておきたいのは、潤いケア、ダメージケアが挙げられます。塗布する際には特にダメージが受けやすい毛先を中心にしておくことで、まとまり感を高めることができます。

種類が豊富なくせ毛シャンプーで髪質の改善を進めていく

ウーマン

自分の髪に合った製品を選ぶ

髪のパサつきがひどくなってしまうと、広がりだけでなく、髪のツヤが失ってしまいます。人によって髪質は違ってきます。それに合わせて様々なヘアケア製品が展開されているため、まずはサンプルを用いて自分の髪との相性はどのようなものか比較を重ねていくことが重要になります。それに加えて口コミも参考にすることで、より良い製品を見極めていくことができるでしょう。

香りの良さで選んでみる

シャンプーやトリートメントには香りにこだわって作られたものが豊富にあります。髪のケアだけでなく、香りによってリラックスができる製品であれば毎日のヘアケアが楽しくなるでしょう。ブランドによっては複数種類の香りを展開しているところもあるので、香りを比較して選んでみるのも楽しいかもしれません。

シリコンの有無によって仕上がりは変わる

ヘアケア製品の中で流行しているのがノンシリコンですが、そもそもシリコンの役割は何なのか分からなければ、ノンシリコンの必要性について知ることは難しいでしょう。なお、シリコンは髪のキューティクルを保護する役割を持っています。しかし、洗浄が不十分であれば頭皮トラブルを招きやすいというデメリットも持ち合わせています。髪質より頭皮のダメージが心配という場合にノンシリコンが適しているかもしれません。

洗い方も髪質改善において重要

髪のパサつきを改善するためにシャンプーやトリートメント製品選びにこだわってしまうかもしれないですが、洗い方も一緒に見直しておくことでより良い髪質に変わることが期待できます。事前のブラッシングや予洗い、頭皮の汚れの洗浄など様々であるため、これらを定着することで洗浄力が高まったり、髪のダメージを和らげたりすることができます。

髪質改善のために何を重視した?

頭皮の洗浄にもこだわってみた

抜け毛が多くて頭皮のかゆみが気になっていました・・・。でもシャンプーだけじゃなく洗い方が間違っているのかな?と気付き始め、頭皮のマッサージを意識してみました。以前より髪が太くなったかなと思います。

評判をもとに製品を選んだ

最近はボタニカルブームでヘアケア製品がものすごく多いですよね。自分の髪の悩みに合わせて選びたくてとりあえず口コミチェックは重視。ダメージ改善だけじゃなく洗い上がりも知ることができます。

好みの香りをセレクト

シャンプーやトリートメントで綺麗な髪になるのはもちろん、香りでリラックスしたいというこだわりがあります!気分によって好みの香りが変わるので、複数種類揃えて毎日のケアを楽しんでいますよ。

泡立ちが良いかを重視

すっきりとした洗い心地を求めるにあたって重視しているのが泡立ちの良さです。いまは製品によって断然違ってきますね・・・。すぐに泡になってくれるものであれば時間短縮にもなるので大切だと思います。

広告募集中