仕上がりが綺麗な白髪隠しで髪のトーンを整える

色のトーン選びが大切

白髪隠しといっても、白髪をカモフラージュするためには他の髪の色と馴染ませることが重要です。地毛の色と製品の色を比べ、トーンの差がないか確認をしてから購入することが必要でしょう。また、白髪の量によっては馴染みやすさも重視したいポイントになります。

製品を選ぶときに重視すること

洗髪
no.1

コスパはどれくらいか

白髪隠しはほぼ毎日使用すると思われるため、その際に必要なコストについて考えておくことは重要です。使用している成分によって製品ごとに価格に差があるため、無理なく続けられるかどうか考えながら選んでおきたいところでしょう。

no.2

他の髪の悩みもカバーしてくれるか

白髪が多いという悩み以外にも、髪の量が少ないことも一緒に悩んでいる人もいます。そのような場合は薄毛カバーの機能も持った白髪隠しを選ぶことでまとめて解決ができます。3Dファイバーを用いた製品があり、毛髪の量を多く見せる効果を持っているため、ボリュームアップに効果的です。

no.3

使いやすさ

スプレータイプやマスカラタイプなど白髪隠しには様々な種類があります。スプレータイプなら広範囲に渡って染めることができ、マスカラタイプであれば少量の白髪をピンポイントでカバーすることができます。白髪の状況に合わせた製品選びでケアの手間を改善できます。

仕上がりが綺麗な白髪隠しで髪のトーンを整える

髪

手軽に白髪のケアができるアイテム

白髪染めというと、専用の薬品を用いて髪全体にじっくり馴染ませていくイメージがあり、面倒と感じる人もいるかもしれません。また、日頃のケアにおいてこまめに取り入れて白髪の対策を徹底的に行ないたいと思う人もいるでしょう。そのような場合に適しているのがカラートリートメントです。シャンプーで髪を洗う要領でよいため、手軽に白髪ケアを進めていくことができます。

髪染め

泡タイプだとしっかり浸透できる

髪一本一本しっかり染めるためにも、浸透しやすいものを選んでおきたいところです。白髪染めカラートリートメントによっては泡タイプもあり、液体タイプと比べて髪全体にまんべんなく成分を行き渡らせることができます。時間短縮もできるため、サッと白髪ケアを済ませたいという場合に便利です。また、既に泡の状態で出してくれる製品もあるので、自分で泡立てる手間は省きたいというときに適したアイテムでしょう。

美容成分によって髪を健康に

カラートリートメントによっては髪を健康に導いてくれる美容成分を配合しています。せっかく白髪を染めても、髪がパサパサの状態では勿体ありません。ツヤやまとまりのある髪に整えることで、髪ケアの楽しみが広がるでしょう。美容成分によってもたらす効果は変わってくるため、白髪以外に抱えている髪の悩みに合わせて選んでおくことが大切です。

広告募集中